バイナリー初心者向け攻略ガイド

初心者向け情報
海外業者が選ばれる理由
更新記事一覧
初心者向けのバイナリーオプション
相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引
トレード200
バイナリーの応用取引方法
ボリンジャーバンドの分析方法
取引のタイミングは相場を見て判断する基本が大事
ファンダメンタル分析とは?
海外バイナリーオプション
最近人気の海外業者

ローソク足の見方とシグナル

ローソク足の見方とシグナル

ローソク足は時間帯ごとの値動きを表す情報源であり、チャートでの相場の流れはこれで表示されるために相場の流れを分析するのであれば、このローソク足の見方を覚えなければいけません。

ローソク足は四角い物体である実体と物体の上下に出てくる線であるひげで構成されているものであり、実体がその時間帯で始まった値と終わった値、始値と終値を表し、ひげがその時間帯の最も高い値と低い値、高値と安値を表しています。

更に実体には種類があり陽線と陰線の2種類に分けられます。陽線は前のローソク足より時上昇していることを示し、陰線は逆に下降していることを示します。そのためどちらの割合が多いかで今の相場が上昇か下降、どちらの傾向にあるかを判断することができるというわけです。

それだけでなくこのローソク足は実体とひげの状態によっては売買のシグナルとして利用することも可能です。例えば陰線が続いた後に陽線が続けて出てきた場合には転換を示すシグナルになります。その逆で陽線が続いた後に陰線が続けばこちらも同じことになります。

また「窓」と呼ばれる空白が連続で出てきた場合には転換のシグナルとなる可能性が高く、陽線で出れば下に、陰線で出れば上に行くと予想をすることができます。

しかしこうしたローソク足のシグナルは必ずしも正しいわけではなく、場合によってはそれに反した動きをすることもあります。ここまで相場の流れはもちろん、経済や政治といった情報で捻じ曲げられることもありえるため、ローソク足だけを見ないでそうした外からの情報も仕入れてシグナルかどうか判断するようにしましょう。

WEB担当運営者
規約事項
WEB担当運営者
カテゴリー
攻略のやり方と詳細
バイナリーオプション
copyright(C)バイナリー初心者向け攻略ガイド