バイナリー初心者向け攻略ガイド

初心者向け情報
海外業者が選ばれる理由
更新記事一覧
初心者向けのバイナリーオプション
相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引
トレード200
バイナリーの応用取引方法
ボリンジャーバンドの分析方法
取引のタイミングは相場を見て判断する基本が大事
ファンダメンタル分析とは?
海外バイナリーオプション
最近人気の海外業者

相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引

相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引

忘れちゃいけない!ファンダメンタル分析とは?

大きく2つのタイプがあるテクニカル分析

テクニカル分析にはトレンド系列とオシレーター系列の2種類に大きく分けることができます。トレンド系列は相場の傾向とトレンドの発生を確認するためのもので、オシレーター系列はその相場の強弱を見るためのものになっています。他の特徴としてトレンド系列はチャート上において相場の値動きの中に直接情報が表示され、オシレーター系列はその値動きとは別の場所に情報が表示されるものになっているのです。基本的にテクニカル分析で主体になるのはトレンド系列のテクニカル分析ですが、オシレーター系列も相場の強弱を表すものであるため、上手く利用すればよりバイナリーオプションの予想がしやすくなります

相場の推移を把握できるMACD

オシレーター系列で最も代表的なのがMACDと呼ばれる種類のものです。これは2本の移動平均線が決められた範囲を推移するものであり、この線がどこにあるかで今の相場がどちらの傾向にあるかを確認することができます。中央より上にあれば上昇が、下にあれば下降が強いといえるでしょう。しかしトレンド系列ではないので、トレンドが発生しているのを証明するわけではないということに気をつけてください。

2本の線があるということでこのMACDもクロスが発生することがあり、そのクロスを取引のタイミングとして用いることができます。むしろ3本以上の線がないので他のよりもクロスとしては分かりやすいかもしれません。しかしこのクロスは発生すればその通りになるのではなく、どこで発生したかによって効力があるかどうか変わってきて、上にある時に上から下へと突き抜けて下に流れる、下にある時に下から上へと突き抜けて上の方に流れる、そのクロスの動きが一定以上あって混ざるように推移しない、といったクロスが情報としては信頼できます。

相場の売買の強さ確認できるRSI

MACD以外としてはRSIというものがあり、こちらは売買の強さを表すテクニカル分析で0から100の範囲で線が推移をして100に近い程買いが、0に近い程売りが強いというものです。基本的に70、80辺りが買われ過ぎ、30、20辺りが売られ過ぎと見られていて反発しやすくなっています。しかしトレンド相場の場合は動きがあまりない状態でない限りは効果がないので、基本的にレンジ相場で利用することになります。そのため相場がレンジ相場であるかどうかを確認する必要があるのです。

基本的にこうしたオシレーター系列は単体ではなくトレンド系列と併用して利用することがほとんどです。組み合わせは様々で中にはお互いの欠点を補えるケースもあります。実際に色々と組み合わせて自分なりのテクニカル分析チャートを作ってみるのもいいでしょう。

WEB担当運営者
規約事項
WEB担当運営者
カテゴリー
攻略のやり方と詳細
バイナリーオプション
copyright(C)バイナリー初心者向け攻略ガイド