バイナリー初心者向け攻略ガイド

初心者向け情報
海外業者が選ばれる理由
更新記事一覧
初心者向けのバイナリーオプション
相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引
トレード200
バイナリーの応用取引方法
ボリンジャーバンドの分析方法
取引のタイミングは相場を見て判断する基本が大事
ファンダメンタル分析とは?
海外バイナリーオプション
最近人気の海外業者

一目均衡表とMACDの予想

一目均衡表とMACDの予想

テクニカル分析

バイナリーオプションを攻略していくのにはテクニカル分析を利用するのが一番です。テクニカル分析がなくても取引の判断をしていくことは可能ですが、利用すればより有力な取引の判断材料が手に入って、取引をしていきやすくなります。

一目均衡表の予想手順

テクニカル分析としては幾つかの種類が存在しますが、その1つに情報量が多く取引の判断材料として信頼しやすいものとしては一目均衡表というものがあります。これは基準線、転換線、遅行線という3本の線と先行スパンの2本の線で形成される「雲」で構成されるテクニカル分析であり、最初にパッと見た時はどう見ればいいか悩んでしまいますが、情報量が多い分、見方さえ分かれば相場の流れを予想するのに大いに役立ってくれます。

誰でも分かりやすい使い方としては「雲」の存在であり、これは抵抗線の役割を果たすもので必然的に雲がどこにあるかで今の相場の傾向を判断することができます。雲が値動きの下の方にあれば上昇、上にあれば下降傾向の相場ということになります。しかし雲の厚さもポイントであり、あまり厚くない場合には傾向の転換がしやすい状態であるため、予想をするのはやめた方がいいです。

一方で3本の線は転換のシグナルとなり、転換線が基準線を突き抜けた場合にはクロスをしたとして転換のシグナルを示すことになります。しかし気をつけたいのは基準線の向きであり、これが転換する方向に向いていない場合にはクロスをしたことにならず、シグナルになりません。クロスはゴールデンクロスとデッドクロスで表され、転換線が下から上に突き抜けた場合にはゴールデンクロスで上昇転換、上から下に突き抜けた場合はデッドクロスとして下降転換となります。

しかし、クロスを取引の判断材料として利用する場合には一目均衡表ではなくMACDと呼ばれるテクニカル分析の方が分かりやすいです。MACDは2本の線で構成される値動きとは別の場所に表示されるデータであり、これが上にあるか下にあるかで相場の傾向が分かります。そしてこの2本の線において一方の線がもう一方の線をクロスした場合にはシグナルとなり、取引の判断材料にすることができます。他のに比べると線も2つだけでシンプルであるためよりクロスとしてのシグナルが分かりやすいテクニカル分析となっているのです。

これ以外にも取引の判断材料となるテクニカル分析は存在し、外国為替市場ということでFXや他の投資の攻略方法も流用することができます。実際にFXの攻略をしているところは流用することができるため、テクニカル分析の攻略情報はここがおすすめであるため確認してみるといいでしょう。

WEB担当運営者
規約事項
WEB担当運営者
カテゴリー
攻略のやり方と詳細
バイナリーオプション
copyright(C)バイナリー初心者向け攻略ガイド