バイナリー初心者向け攻略ガイド

初心者向け情報
海外業者が選ばれる理由
更新記事一覧
初心者向けのバイナリーオプション
相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引
トレード200
バイナリーの応用取引方法
ボリンジャーバンドの分析方法
取引のタイミングは相場を見て判断する基本が大事
ファンダメンタル分析とは?
海外バイナリーオプション
最近人気の海外業者

ボリンジャーバンドの分析方法

ボリンジャーバンドの分析方法

順張りと逆張りのどちらでも使うボリンジャーバンドでの分析方法

順張り逆張り予想できるボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは標準偏差というものが計算によって算出されて、それをチャート上において2倍、3倍にして上下に2、3本の線を表示するテクニカル分析です。このボリンジャーバンドは逆張りで使われることが多いテクニカル分析ですが、トレンド系列という分類通りに本来は順張りとして利用するものであり、当然逆張りとしてもそのまま利用することができるため順張り、逆張りのどちらの時にも利用することができます。投資において逆張りは危険性が高いため手を出さない方がよいのですが、バイナリーオプションにおいては相場の状況に応じて逆張りを利用するケースも出てくるため、このボリンジャーバンドで分析される情報は大いに役立つのです。

順張り予想の仕方とコツ

まず本来の順張りの使い方ですが、ボリンジャーバンドでは相場がトレンド傾向になると1本目と2本目、もしくは中央と2本目の間を値動きが推移するようになります。これはバンドウォークと呼ばれる現象であり、これがチャート上において見られた場合にはトレンド傾向になっていると考えてもいいでしょう。この場合には抵抗線としてトレンドの推移を支えている線を目安に順張りをしていくようになります。

絶対にそうとは限りませんがこのバンドウォークが起きる前にはこの標準偏差による線が縮小して間隔が狭まっている状態になっていることも多く、この線が拡大するとそれと同時にバンドウォークが発生するケースも多いです。この拡大はエクスパンションと呼び、線の間隔が狭くなった場合にはバンドウォークが起こる前触れとして相場を見守るといいでしょう。

逆張り予想の仕方とコツ

次に恐らくほとんどの方が利用している逆張りとしての使い方ですが、ボリンジャーバンドの標準偏差はその値動きの動く範囲を示す情報でもあり1本目は70%程度、2本目は95%程度の確率で値動きが超えないとされるようになっています。1本目はまだ超える確率が30%程度あるため信用するには微妙ですが、2本目ともなれば数%レベルとなるためここれを基準に逆張りをしていくことになります

しかし気をつけたいのはトレンド相場の時にやってはいけないということであり、先の順張りのようにトレンド相場だとバンドウォークの推が起こるため標準偏差の線もその流れに沿って動くため逆張りすると高確率でそれを突き抜けた方向へと行ってしまいます。そのため逆張りするのであれば上下の推移をしているトレンドではないレンジ相場の時にしましょう。それと相場に絶対はないため5%の確率が発揮される場面が出てくる可能性もあるため、負けて仕方がない時が来ることは覚悟しておきましょう。

WEB担当運営者
規約事項
WEB担当運営者
カテゴリー
攻略のやり方と詳細
バイナリーオプション
copyright(C)バイナリー初心者向け攻略ガイド