バイナリー初心者向け攻略ガイド

初心者向け情報
海外業者が選ばれる理由
更新記事一覧
初心者向けのバイナリーオプション
相場の強さで判断!オシレーター系列で分析取引
トレード200
バイナリーの応用取引方法
ボリンジャーバンドの分析方法
取引のタイミングは相場を見て判断する基本が大事
ファンダメンタル分析とは?
海外バイナリーオプション
最近人気の海外業者

バイナリーの応用取引方法

バイナリーの応用取引方法

バイナリーオプション応用編!様々な取引方法について

上級者向けのトレードルール

海外バイナリーオプショントレードにおいてまず習得してほしいのがハイロー取引と短期間取引なのですが、実はそれ以外にもいくつかの取引方法が用意されています。このハイローや短期取引以外の取引を効果的に使えるようになってこそ、バイナリーオプショントレーダーの中級者や上級者の仲間入りが出来るといっても良いでしょう。

取引ルール@:レンジ・インとレンジ・アウト

それではまず一つ目の取引方法ですが、これは「レンジ・イン(アウト)取引」になります。レンジとは即ち「値幅」のことです。このレンジ・イン(アウト)取引ではエントリーしてから勝敗決定時刻までの間、事前に設定されている値幅をレートが超えて変動するかどうかを当てる取引となっているのです。つまり相場の方向性は全く関係無いかわりに、ボラティリティを予測するトレードと言えるでしょう。相場歴が長く、いろいろなチャートを日々眺めている方ならなんとなくイメージがわくと思うのですが、外国為替は大きく動く時期とあまり動かない時期があります。

たとえば1日の中でいえば日本時間の午前中などは海外勢が時差の関係であまり活動していないこともあり動きが比較的静かです。逆に夕方以降は欧州勢や米国勢が外国為替市場に大挙して訪れてきますし、重要な経済指標の発表も多いのでガンガン動く日がとても多いのです。このため、レンジ・インで勝つためには日本時間が良いと言えますし、レンジ・アウトで戦うのは欧州時間や米国時間が良いと言えるわけです。ボラティリティは方向性とは基本的に関係ありませんので、「とにかくどっちに動くかはわからんが大きく動くはず!」という場合などはレンジアウトで積極的に攻めてみても良いのです。

取引ルールA:ワンタッチ

次に解説するのはワンタッチ取引です。ワンタッチ取引は海外バイナリーオプションの中でも最も難易度が高く、同時に最もペイアウト率が高いという性質を持っています。ワンタッチ取引のルールはエントリーしてから制限時間内に目標として設定されているレートに一度でも到達するかどうかを当てる、というものです。

つまり方向性を当てるだけでなく値幅が大きく出るタイミングもしっかり予測しなければならないことになります。相場の予測に特に自信がある時にだけ使う取引方法ですが、ここぞという時に大きな利益を稼ぐには一番効率が良い取引であるとも言えますね。このレンジ・イン(アウト)取引やワンタッチ取引をタイミングよく織り交ぜながら戦うことができれば更にいろいろな状況に対応できる、本当に強いバイナリーオプショントレーダーへと成長できるわけです。

WEB担当運営者
規約事項
WEB担当運営者
カテゴリー
攻略のやり方と詳細
バイナリーオプション
copyright(C)バイナリー初心者向け攻略ガイド